Hulu テレビ

自宅のテレビでHuluを視聴する方法まとめ

Huluで配信されている海外ドラマや映画をパソコンやスマホではなくテレビの大画面で観たい人も多いハズ。

 

このページではHuluをテレビで視聴する方法をまとめました。ケーブル1本から専用機器まで色々な方法があるので、自分の持っているデバイスや使い方に合った方法を選んでいただければ幸いです。

 

事前にHuluのログイン情報が必要です。まだHuluに登録していない人は先に2週間無料お試しを利用して入会しておきましょう。

 

Hulu2週間おためし

1.Huluに対応しているスマートテレビで視聴する

テレビにインターネット機能が加わったスマートテレビではアプリから視聴することができます。

 

ほとんどのテレビでは最初からHuluアプリがインストールされているので、アプリを起動してメールアドレスとパスワードを入力してログインすればすぐに視聴できます。

 

スマートテレビなら追加費用なく無線LAN(WiFi)環境さえあればすぐに観られるので便利です。

2.Blu-rayプレーヤーやレコーダーで視聴する

SONYやPanasonicのBlu-rayプレーヤーやレコーダーでは最初からHuluアプリがインストール済みです。

 

プレーヤーやレコーダーがネットに繋がっていれば、アプリを起動してログインすればすぐに視聴できます。
対応しているモデルは次の通りです。

SONY

BDP-S6200,BDP-S1200
Panasonic
BRG1030,BRG2030,BRX2030,BX2030,UBX4030,UBX7030,UX4030,UX7030
BRX7020,BRX4020,BRX2020,BRG2020,BRZ1020,UBZ1020,UBZ2020,UB900,UB90
UBZ1,BRX6000,BRX4000,BRX2000,BRG2010,BRZ1010
BRZ2000,BRZ1000,BRW1000,BRW500,BXT970,BXT870,SW2000


Panasonicは2014年発売モデルから2017年に発売になったモデルまで対応していますが、SONYは2014年に発売された2モデルだけです。

3.ゲーム機本体にHuluアプリをインストールしてテレビで観る

Huluに対応している据え置きゲーム機本体をお持ちなら、WiFiさえあれば観られます。

 

HuluはPS3,PS4,Vita TV,WiiUに対応しています。PS3やPS4のHulu設定方法についてはこちらで解説しています。

4.スマホやタブレットからケーブルで繋いで視聴する

AndroidとiOS搭載デバイスで接続方法が異なります。

Androidの場合

MHLアダプタ

 

Androidのスマホやタブレット側にmicroHDMIケーブルが差し込めるようならテレビに繋ぐだけで大丈夫ですが、ほとんどの機種でHDMIケーブルはそのまま差し込めないので、MHLケーブルという変換アダプタが必要になります。

 

MHLケーブルは充電に使うmicroUSBをHDMIに変換するものです。ただし、MHLケーブルを利用しての接続は出力元となるスマホやタブレット、映す先となるテレビ両方がMHL規格に対応していないといけません

 

新しい機種ではMHLに対応していないことが多いので、MHLケーブルを購入する前にお持ちのデバイスの「機種名 MHL対応」で検索して調べておいた方がいいです。基本的に2016年春モデル以降のスマホはまず対応していないです。

 

ちなみにMHL変換アダプタはAmazonで1,000円ほどで売られています。

iOSの場合

ライトニング変換アダプタ

iPhoneやiPadはUSBではなく独自のLightning(ライトニング)コネクタなので、変換アダプタもLightningに対応しているものを選ばないといけません。

 

Apple純正品は約5,000円、サードパーティが販売している互換性のあるものなら約3,000円で売られています。

 

このようにケーブル直接接続は規格対応の問題や変換ケーブルを用意したりと色々面倒だったり、Hulu視聴中はスマホが塞がるといったデメリットが目立ちます。

5.テレビ本体にchromecastを取り付けてスマホやタブレットから画面を映す

chromecast

上でご紹介したケーブル部分をWiFiに置き換えた方法になります。

 

スマホの画面情報をWiFiでテレビに映すんですが、テレビ側に受信するための機器=chromecastを付ける必要があります。

 

WiFiでスマホやタブレットとchromecastを繋ぐことでケーブルレスでHuluの画面を映せます。

 

chromecastはHulu以外の動画配信サービスもテレビ画面に出力できますが、Amazonプライム・ビデオだけは非対応で映せません。Amazonのプライム会員の人は要注意です。

 

また、本体価格はベーシックモデルが4,980円となっています。個人的にはchromecastより後でご紹介するAmazonのFireTVの方がおすすめです。

 

他にテレビにミラーリングする機器としてはCCC(TSUTAYAの運営元)が販売しているAir Stickがありますが、こちらもほぼ同機能で価格が9,800円と高いのでおすすめしません。

6.AmazonのFire TVでテレビで観る

firetv

個人的に1番おすすめの方法です。よくchromecastと比較されますが、私は断然FireTVを推します。

 

chromecastはスマホやタブレットが必要ですが、Fire TVは単独で機能します。操作は付属のリモコンで行います。

 

また、FireTVはミラーリングに対応しているので、スマホやタブレット画面をテレビに出力することも可能です。

 

Hulu以外にU-NEXTやNetflixといった動画配信サービスにも対応していますし、Amazon製品なのでプライム・ビデオにももちろん対応しています。

 

Fire TVには11,980円のモデルと4,980円のFire TV Stickがありますが、4,980円のモデルで十分事足ります。

 

私も4,980円のFire TV Stickを愛用中です。11,980円モデルは4Kに対応していたり有線LAN接続できますが、Stickでも1080pのフルHDですし、WiFiには対応しているので困りません。

 

以上の機能差と価格で完全にchromecastの上位版がFireTVなので、正直chromecastを買う理由はないです……

7.Apple TVで視聴する

Apple TV

Fire TVが登場するまではテレビでネット動画やコンテンツを楽しむならApple TVしか選択肢がありませんでした。

 

⇒Apple TVの設定方法はこちら

 

Appleだけあって価格が15,800円(新しいApple TV 4Kなら19,800円)と高額なので、やはりFire TV Stickの方がおすすめです。

 

4K対応のテレビの価格自体は下がっていますが、ネット動画で4Kのコンテンツを配信しているのはNetflixだけでしかも一部の作品しか対応していません。まだまだ様子見ぐらいで良いと思います。

まとめ

Huluに対応しているスマートテレビやゲーム機、Blu-rayプレーヤーをお持ちなら設定するだけですぐにHuluを観ることができます。

 

対応デバイスを1つも持っていない方はケーブルで繋いだりchromecastやFire TVを購入してテレビで観られるようになります。

 

個人的におすすめはFire TV Stickです。5,000円払うだけでHulu以外の動画配信サービスも楽しめますし、chromecastが対応していないプライム・ビデオも観られます。

 

Fire TV Stick1台あれば動画視聴ライフは間違いなくもっと良くなります。

 

どの方法を選んでもまずはHuluのログイン情報がいるので、まだ入会していない人は先におためし登録しておきましょう。

 

Hulu2週間おためし